「STADIA」Googleが提供する新しいゲームサービス。

本日6月7日に、以前から話題になっていた「STADIA」の詳細情報が発表されました。

このSTADIAは、ゲーム機もインストールも必要なく遊べるというのが大きな特徴です。

Googleが手掛ける新しいゲームサービスについての情報を追っていきます。

STADIAとは

STADIAはGoogleによる登録制のゲームサービスで、2019年11月にサービスを開始します。

PC、タブレット、スマートフォン( 現在はPixel 3とPixel 3aのみ)、 Chromecast などで利用が可能です。

今のところ14か国がこのサービスを受けられる対象として挙がっていますが、残念ながら日本は入っていません

ただ今後は日本もSTADIAを利用できる可能性は十分にあると思います。

続報に期待しましょう。

利用料金について

STADIA PRO:月額課金のサービスで月額9.99ドルです。

PROは4K、60fps、5.1ch音声に対応。

STADIA BASIC:こちらは月額無料(ソフト買い切り型)で、2020年からのスタートになります。

BASICは最大1080P、2ch音声まで。

STADIAの特徴

STADIAの特徴として、

  • インストールの必要がない
  • ダウンロードの必要がない
  • パッチを当てる必要がない

といったものがあります。

ゲームをやる上で通常やらなければならなかった作業も、STADIAではGoogleが持つデータベースがすべて代わりに行ってくれます

ダウンロードに時間をかけ、インストールにも時間をかけ、パッチが当たればまた時間をとられ…といった煩わしいことから解放されるというのは嬉しいですよね。

また、STADIAではYoutubeで配信者がプレイしているゲームに、ボタン一つで簡単に参加することもできます。

面白そうなゲームだなと思ったら、ダウンロードもインストールもなく即プレイが可能。

さらに「配信者が今体験している状況をそのまま自分が体験する」こともできます。

これはゲームのデータをすべてGoogle側で管理しているからできることで、今後のゲーム配信の形を大きく変えるものになってきそうです。

STADIAをはじめるには

ネット回線Google Chrome、あとは操作するのに必要なデバイス(コントローラやキーボード)だけでプレイ可能になるようです。

Google Chrome(グーグルクローム)は名前の通りGoogleが開発・提供するインターネットブラウザで、無料でインストールして使うことができます。

クロームは現在のところ、ネットのブラウザとしてダントツのシェアを誇っています。

STADIAによってGoogle Chromeの利用者もさらに増えていくかもしれませんね。

コントローラについて

STADIAでは専用のコントローラも用意されています。

カラーはClearly White、Just Black、Wasabiの3つ。

「Wasabi」という文字の存在感がすごいです。笑

普通にプレイするだけならサポートされている他のコントローラやキーボードでも遊べるようですが、専用のコントローラを使うことで、遅延の解消やYoutubeでプレイの助けになる動画を自動検索することが可能とのこと。

コントローラ単体は69ドル

Chromecast Ultraや3か月分のSTADIA PRO(月額課金)などがついたセット版が、通常300ドルのところ129ドルで購入できます。

この「3か月のSTADIO PROの利用権」は2枚あって、1枚はフレンドに分けて一緒に遊ぶこともできるようです。

参加企業やゲームタイトル

海外だとEA、UBISOFT、2K、ロックスター、ベセスダなど有名どころがズラリです。

日本からもスクウェアエニクス、カプコン、セガ、バンダイナムコなどが参加しています。

  • ディスティニー2
  • ディヴィジョン2
  • ファイナルファンタジー15
  • アサシンクリードオデッセイ
  • ドラゴンボール ゼノバース2
  • ゴーストリコン ブレイクポイント
  • ボーダーランズ2
  • サムライスピリッツ
  • バルターズゲート3
  • The Elder Scrolls Online
  • DOOM Eternal
  • ザ・クルー2
  • トゥームレイダートリロジー
  • トライアルズライジング
  • モータルコンバット11
  • Wolfenstein:Youngblood
  • Farming Simulator 19
  • Football Manager 2020

今後企業もゲームタイトルも増えていくと思うので、こちらも注目したいところです。

気になるポイント

こういったサービスで一番気になるのは、やっぱり回線や通信状況になるんじゃないでしょうか。

音声や映像の遅延・途切れといった形で影響が出るのですが、これが結構気になるというか。

音楽はプツプツになると、どんなに素晴らしいBGMでも不協和音みたいになっちゃってちょっとつらいんですよね。

Googleが自信を持って提供するサービスということで、この辺は期待して待ちたいと思います。

STADIAまとめ

Youtubeとも連携をして、新たなゲーム体験・ゲーム配信を生み出してくれそうなSTADIA。

日本でのサービス提供がないのが残念ですが、来年以降に期待したいところです。

一番心配な遅延などがなければ、月額9.99ドルという価格からみても人気のサービスになる可能性は高いんじゃないかと思います。

今後も続報に注目ですね。

この記事はいかがでしたか?

-サービス