Fire 7 タブレットをプライムデーでゲットしたのでレビュー!

2019年のプライムデーが7月15日から16日にかけて行われ、ツイッターでトレンド入りするなど盛況のうちに終わりました。

僕も今回のプライムデーでFireタブレットの最新版「Fire 7 タブレット」を購入したので、使い勝手やメリットについてレビューしていきたいと思います!

Fire 7 タブレット概要

性能について

最新版ではあるんですが、スペック的には「Fire HD 8」や「Fire HD 10」といった同じAmazon製タブレットよりちょっと控え目。

とりあえずは簡単に性能比較から。

  Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 10
画面サイズ 7インチ 8インチ 10.1インチ
解像度 1024×600 1280×800 1920×1200
ストレージ 16/32GB 16/32GB 32/64GB
RAM 1GB 1.5GB 2GB
microSDカード 512GBまで 400GBまで 256GBまで
オーディオ モノラルスピーカー デュアルスピーカー デュアルスピーカー
Alexa 搭載 なし 搭載

簡単にまとめると、

  • Fire 7は性能は抑え目、ただしコンパクトでアレクサ搭載
  • Fire 8は性能はミドルクラス、ただしアレクサが搭載されていない
  • Fire 10は性能は一番良い、ただし大きい(重い)

コンパクトさとコスパで選ぶならFire 7 タブレット、性能や画面サイズで選ぶならFire HD 10がよさそうです。

Fire HD 8は売りでもあるアレクサが非搭載なので、ちょっとオススメはしづらいのかなと思います。

Fire 7の使用感

実際に使ってみると想像してたより使い勝手は良いです。

なにせセール時には3,280円になる激安タブレット。

いろいろ厳しいかもと思っていたんですが、今は値段以上のコスパの良さを感じています。

画面サイズはスマホよりちょっと大きいくらい。

画質に関してはさすがに高性能のものよりは劣りそうですが、映像がボケボケだったり文字がギザギザだったりということはなく、動画も本もクリアに見ることができます。

メモリは1GBなので、ゲームをやるにはあまり向いているとは言えないです。

一応、「モンスターストライク」や「パズル&ドラゴン」はプレイが可能でした。

ただゲームプレイを中心に考えるなら、スマホやiPadを選んだ方が無難なのかなぁと。

Fire タブレットはあくまで動画や音楽、読書を楽しむものと割り切ると、使う際の満足度も上がってくるかと思います。

そして、そうしたコンテンツを楽しむ上で「Alexa(アレクサ)によるサポートを最大限受けられる」ことが、Fire タブレットの大きな魅力の一つとなっています。

Alexa(アレクサ)

Fire タブレット最大のポイント&メリットと言ってもよさそうなのがこのAlexa(アレクサ)

話しかけるだけで様々なことをしてくれるAIアシスタントのアレクサですが、Amazon製ということもあってFire タブレットとの相性が抜群です。

音楽はアマゾンミュージック、映画はプライムビデオ、本ならKindleから探して検索結果を提示してくれるので、今まで使いきれなかったサービスも最大限活用することができます

検索時の面倒な手間を省いてくれるのは本当に便利で、一度使うと手放せなくなるほど。

まずはその恩恵を最も受けている「アマゾンミュージック」から解説していきたいと思います。

アマゾンミュージック(音楽)

これまでほぼほぼ使ってこなかったアマゾンミュージック。

やっぱり検索の面倒さというのがネックになっていました。

Fire タブレットではアレクサに話しかけるだけで好きな音楽をかけることができるので、今までより格段に使いやすくなっています。

肝心の使い方ですが、

「アレクサ、〇〇(曲名)かけて。」

と話しかければ、アレクサがアマゾンミュージックから曲を探してかけてくれます。

曲名の指定が特にない場合は、

「アレクサ、クラシックかけて。」

「アレクサ、J-POPかけて。」

などジャンルで頼んでも、アレクサが選曲した音楽を流してくれます。

適当にかける中で新しい曲との出会いがあったり、「あ、この曲どっかで聞いたことある!」みたいなことがあったりするのも楽しいです。

また、あらかじめプレイリストを作っておけば、登録していた曲をかけてもらうこともできます。

ハンズフリーでの音楽再生というのは、生活の中でとにかく馴染みやすくて。

料理中や作業中、いつでも好きな音楽を楽しむことができます。

アレクサによる音楽再生は、Fire タブレットのコンテンツの中でも特に相性が良い組み合わせと言えると思います。

プライムビデオ(動画)

動画の検索でもアレクサが使えます。

タイトルはもちろん、洋画やドラマ、アニメと言ったジャンルでの検索も。

またFire タブレットの特徴として、プライムビデオのダウンロードができるというのがあります。

iOSやパソコンだと機能に制限があったり、ダウンロード自体ができなかったりするので、これもFire タブレットならではの魅力と言えそうです。

ダウンロードした映画やドラマは、オフラインでも視聴が可能

通勤途中や旅先など、場所を選ばず好きな動画を観れることも、このタブレットの大きなメリットとなっています。

Kindle(読書)

Fire タブレットではKindleでの読書時に、「アレクサによる音声読み上げ」を利用できます。

目を休めたい時や寝ながら本を読みたい時などには嬉しい機能ですね。

読み上げは、「0.7倍・1倍・1.5倍・2倍・3倍・4倍」の中から選ぶことができます。

1倍が通常で、0.7倍だと若干スロー再生に。

忙しい人や早く読みたい人は1.5倍でもよさそうです。

4倍までいくとさすがにほとんど聞き取れなくなっちゃうので、実際に使うのは2倍くらいまでになると思います。

プライム会員への入会は必要?

Fire タブレットは基本的に、Amazonが提供するサービスをフル活用するためのデバイスです。

プラプライムビデオやアマゾンミュージックは、プライム会員になることではじめて利用が可能になります。

そしてアレクサは、そうしたAmazonのサービスをより便利に活用できるようサポートしてくれる機能です。

プライム会員に入らない場合、せっかくの機能的なメリットを手放すことにもなりかねないので、可能な限りプライム会員になっておくことをオススメします。

Fire 7 タブレットまとめ!

用途をAmazonサービスに絞るなら、コスパの良さや十分な満足感を得られるんじゃないかなと思います。

中でもアレクサによるハンズフリーの音楽鑑賞が便利で、紹介したサービスの中でも特に使う機会が多いです。

僕は映画も大好きなので、プライムビデオを観るのに適したデバイスというのも嬉しい点。

Fire タブレットによってAmazonのサービスをフル活用することができ、使う頻度も増えるというのが大きなメリットかなと思います。

もっと便利にAmazonの音楽や映画を楽しみたい!という人にはオススメしたいタブレットです。

この記事はいかがでしたか?

-商品